literature ~ボクの本棚 小説~

只今  ショートショートをメインに書いてます。
literature ~ボクの本棚 小説~ TOP  >  スポンサー広告 >  ショートショート >  三角形

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角形


幼馴染の『俊平』
高校に入って仲良くなった『美沙』
俺たち3人はいつも一緒にいた。

ある日、俊平が言った。
「美沙のこと好きになった」
ビックリした俺に俊平は
「お前は美沙のこと どう思ってる?」と聞く。
「友達としか思ったことねーよ」
と俺が答えると
「よかった。じゃあ美沙に告白していいか?」
「ああ、頑張れよ」
そう答えた俺は自分の気持ちに気づいていなかった。

数日後、俊平と美沙は付き合いだした。
それからも変わらず いつも3人で遊んでいた。

しかし俊平と美沙は2人の時間も増え
3人でいると なんだか居心地が悪くなった。

少しずつ 3人でいる時間は減った...



高2のクラス替えで美沙と同じクラスになった。

そして いつの間にか美沙を見ている自分に気づいた。
今更 どうしようもない...


1年前、自分の気持ちに気づいていれば
何か変わっていただろうか?
俊平に聞かれたとき【好き】と答えていたら
何か変わっていただろうか?
俊平より先に告白していたら何か変わっていただろうか?


そんな どうしようもない考えが
頭の中をグルグル回る。

親友との友情は壊したくない。
でも美沙のことは好きだ。


高3になった今でも
3人で仲良く遊んでいる。

これで いいのかもしれない...

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。