literature ~ボクの本棚 小説~

只今  ショートショートをメインに書いてます。
literature ~ボクの本棚 小説~ TOP  >  スポンサー広告 >  ターニングポイント >  ターニングポイント ~鈴木 雅人 30歳~ <後編>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターニングポイント ~鈴木 雅人 30歳~ <後編>


俺は夢ではなく由美を選んだ。
そして地元に残り 3年後、由美と結婚した。
----- ターニングポイント ~鈴木 雅人 30歳~ <前編> -----

幸せな生活は続き2年が過ぎた。
由美のお腹の中にも新しい命が宿っていた。
幸せな毎日に俺は東京に行かなくて良かったと思っていた。

そんな ある日、職場に電話が入った。
由美が事故で病院に運ばれたらしい。
俺は急いで病院に向かった。

由美は無事だったが赤ちゃんは助からなかった...
ショックから由美は元気をなくし、暗くなった。

由美は家事もしなくなり、外にも出なくなった。

俺は仕事をしながら家事もした。
元の明るい由美に戻って欲しくて
やれことはすべてやった。
しかし何も変わらなかった。


それから3ヶ月後
由美がマンションのベランダから飛び降りて病院に運ばれた。



俺が病院についた時には息はなかった。


30歳の由美は生きているはずなのに...
俺が戻ったせいで不幸になったのか?
俺が戻ったせいで死んだのか?

由美の未来を変えたのは俺だ...
俺のせいで...
俺が由美を殺してしまったんだ...

こんなことなら戻らなければよかった。

そして俺はもっと大きな後悔を抱えて地元で30歳を迎えた。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。