literature ~ボクの本棚 小説~

只今  ショートショートをメインに書いてます。
literature ~ボクの本棚 小説~ TOP  >  スポンサー広告 >  ショートショート >  赤い糸の占い師

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い糸の占い師


雑誌の編集の仕事をしている僕は
運命の赤い糸が見えるという占い師に話を聞くことになった。

35歳の彼女は独身だった。
自分の赤い糸は見えないらしい。

彼女の話では運命の赤い糸は
一人一本と決まっているわけではないと言う。
そして、赤い糸で繋がる者同士は必ず幸せになれるらしい。

しかし、誰と繋がっているのか知ると
その糸は消えてしまうらしい。



誰と繋がっているのか言わずに
どう伝えているのか?

彼女は言った。
私のところに来る人は
みんな赤い糸で繋がれていないのです。
赤い糸で繋がれている者同士は占いに頼りません。
そして赤い糸で繋がれてなくても幸せにはなれるのです。

そのとき僕は思った。
この取材は記事にならない...

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。