literature ~ボクの本棚 小説~

只今  ショートショートをメインに書いてます。
literature ~ボクの本棚 小説~ TOP  >  スポンサー広告 >  ターニングポイント >  ターニングポイント ~吉澤 あずさ 27歳~ <前編>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターニングポイント ~吉澤 あずさ 27歳~ <前編>


私の職業は女優。
と、いっても2時間ドラマの脇役ばかり。
そこそこ人気のあるアイドルだったのに...

5年前の人気俳優『真野 慎二』との熱愛報道から私の人生は変わった。
私のファンは減り、慎二のファンからの嫌がらせを受け
精神的に病んでしまった私は引退も考えた。
だけど、それからも活躍を続ける慎二を見て悔しくなった。

そして今日もスペシャルドラマの死体役...
撮影の待ち時間 1通のメールがあった。
『後悔した選択はありませんか?』
そんなタイトルに惹かれメールを読んだ。

メールの最後に書いてあった
『あなたのターニングポイントに戻りますか?』
これを見て私は5年前に戻れたら どうなっていただろう...
なんて考えながら『はい』のボタンを押した。
...何も起こらない。当たり前か。

「あずさ、準備して」
撮影が始まった。とはいっても すぐ殺される役。
死体になった私は さっきのメールのことを考えていた...



「はい、オッケー!」
目を開けるとスタジオだった。

なんの撮影!?
「どーしたのボーとして」
そう言ったのは昔のマネージャーのユキさんだ。
「今日の仕事は終わり。夜は予定があるって言ってたよね?」

思い出した!PVの撮影だ。
今日の夜、慎二と会っている写真を撮られたんだ。
まさか本当に5年前に戻れるなんて...

信じられないけど
実際に今、5年前のPVの撮影をしていた。

私は慎二と会うのをやめ、別れた。

それから順調に活動を続けた私は
2年後、ドラマの主演が決まった。
そこで慎二と共演することになった。


----- ターニングポイント ~吉澤 あずさ 27歳~ <後編> -----

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。