literature ~ボクの本棚 小説~

只今  ショートショートをメインに書いてます。
literature ~ボクの本棚 小説~ TOP  >  ギフト >  ギフト ~高山 悟~ <後編>

ギフト ~高山 悟~ <後編>


そして その日は来た。
飛行機事故のビジョンが見えた。
そこにいたのは あの女の子だった。
----- ギフト ~高山 悟~ <前編> -----

女の子の名前が見えた。
『近藤 詩織』
飛行機事故で たった一人の生存者...


俺は仲間たちに言わず
その飛行機に乗った。

離陸直前『アケミ』から連絡が来た。
アケミのギフトは【コミュニケーション】
離れた相手と会話できる能力だ。

俺は全てをアケミに話し
あとのことを頼んだ。



飛行機は墜落し、生き残ってしまった俺は
病院に運ばれた。
数人は生きていたが誰も助からない。
ビジョンで見た映像の生存者は一人
詩織 だけだった。


最後のビジョンが見えた。
明日 詩織 が来る。
そしてギフトを引き継ぐ...

俺はいなくなる。


最後の日
仲間たちの声が聞こえる。
アケミか...ありがとう...

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する