literature ~ボクの本棚 小説~

只今  ショートショートをメインに書いてます。
literature ~ボクの本棚 小説~ TOP  >  スポンサー広告 >  ショートショート >  親

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


俺の父が良く言っていた。
「いつも やさしい奴なんて男じゃねぇ」
俺の母は良く言っていた。
「お父さんは やさしい人だよ」

父にやさしくしてもらった記憶なんてない。
いや 誰かにやさしくしてるところなんて見たことない。

母は言っていた。
「その人にとって どうするのが一番いいのか
厳しく言うこともやさしさなのよ」

その頃の俺にはわからなかった。

厳しい父に反抗してグレた時期もあった。
忘れられない父の一言
「後悔するのは自分だぞ」
それから父は何も言わなかった。
何を言っても無駄だとわかっていたのだろう。

何度も警察にお世話になり、いつも泣いてた母。
迷惑ばかりかけて後悔している。

今思えば 父の言ってることは正しいことばかりだった。



そんな俺も結婚して子供が生まれ 父親になった。
あんな厳しかった父も孫にはデレデレで甘い。

きっと歳のせいもあるのだろけど
俺は違うと思っている。
役割の違い...
厳しくても正しいことを子供には教えなくてはいけない。
それが父親。

今度は俺の役割だ。

俺は父を尊敬している。
そんな父親になれるように努力しよう。

俺の子は俺が責任をもって育てる。
もちろん妻と協力して。

自分の子供の責任は自分で取る。
産んだのも、育てたのも自分達なんだから。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。